--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-05-14-Mon-05:13

【 】 窯焚きしましたが、しかし・・・

先週、延期していた窯焚きしました。

3日目まで順調だったのですが、ここからの薪の状態がよくなくて思うような窯焚きには程遠い感じになってしまいました。

去年薪小屋を改装して雨に濡れないように屋根を低くしたのですが、雨に濡れない代わりに自然乾燥もしなくなっていたのでした。初め使っていた薪は前回の残りで乾燥がしっかりできていたので順調だったのですが、今回用に冬につくった薪に移行したとたん窯の調子がおかしくなってしまったのでした。

これからは、早めに薪小屋に入れるのはやめて風の当たる場所においたまま、直前に運搬することにします。

さらに窯焚きから帰ってきたら、工房の前に置いてあった広口花器がなくなっていました。外に置いてあるのは、キズがあったりしていて商品ではないのですがひどいですね。留守だとわかっていて盗んでいったのでしょうか?工房は県道に面していて交通量はすくないもののいつ車が通るとも限らないんですけどね。

スポンサーサイト
2012-05-02-Wed-10:42

【 】 左馬の作品発見!

ゴールデンウイークだというのに、雨が降り続いてうっとおしいですね。

雨だと乾きも悪いし、薪割りにもいけないし時間が空いたので何年も開けていない押入れのかたずけをしてみました。

いつか使うだろうと置いていた大量の段ボールをどけてみたら、工房を初めた時に焚いたガス窯の作品が出てきました。在庫のまましまってしまったのでしょう。

初窯の左馬が高台わきに銘入れしてあります。

まだ使う土も決まってなくて、とりあえず焼いた記憶はありますが作品そのものは記憶から消えていました。でも懐かしい。

2000年の作品だからもう12年も前になるんですね。拙い作品ですが写真を撮ってしまいました。

f:id:kokyugama:20120502150840j:image:w360f:id:kokyugama:20120502150742j:image:w360f:id:kokyugama:20120502150728j:image:w360

小鉢・湯のみ・カップ

釉薬は青磁・鉄釉・灰釉掛け分けですね。なんかいろいろやってたんやなー。

あっ、段ボールはばらして回収場に持って行きました。いつか使うだろうってのはいつまでも使わないんですね。

2012-05-01-Tue-08:41

【 】 タタラ成型の季節

五月です。土練りしていても汗ばむようになってきました。再生粘土もすすみます。

穴窯用の代わりの壺もつくり終わりただいま乾燥中です。毎日昼間は外に出して十分に乾燥させてから素焼きしよう、慎重に。

なので薪つくりも再開しました。次回分の薪ですが。

タタラ作りの器、いままでほとんど手を出してこなかったのですが、いろいろ作っています。轆轤と違って組み立て物は継ぎ目があって、粉引きするときにキズがでやすいです。反ったりもするし奥が深いです。

タタラものそのうちぞくぞく商品投入します。

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。