--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-06-22-Fri-07:38

【 】 夏至

梅雨だから仕方がないのですが、毎日雨で薪つくりも停滞中です。

薪はトタンを掛けましたがこの長雨では乾燥どころではなさそうです。

今日は久々の晴れ間だったので再生粘土活動ができました。乾くまでにはまた雨が降るんだろうけれど。

スタッフをやっている丹波のクラフトフェスですが今年も担当の仕事をしています。毎年6月にちょっと仕事があるんですね。後は忙しいのは直前だけですが。

そんなわけで「アートクラフトフェスティバル イン 丹波」ただいま募集中です。申し込み書は公式HPからダウンロードできます。

6月末必着ですのでお急ぎください。

スポンサーサイト
2012-06-05-Tue-10:18

【 】 薪つくり強化月間

6月に入りました。もうじき梅雨がやってきますが、こちらでは蛍の季節です。

川下にあたる隣村では「ほたるまつり」なるイベントを開催していて、土日ともなるとかなりの人出があります。日が沈むと工房の前の県道の交通量が1年で一番多くなるのです。

川沿いはどこでも蛍が見れますが、やはり隣村の宣伝している蛍スポットが人気で道沿いに止まっている車は100台ではきかないんじゃないでしょうか。

窯焚きも終わったので、また薪つくりを始めています。窯焚きの時に窯場横の薪置き場は全く乾燥できないことがわかったので、使わなかった薪を下の風の通るスペースまで運び下ろす作業もしています。完全に二度手間ですが薪管理を徹底することにしました。

トタンで養生する予定ですが、絶対量が足らないなあと思っているこの頃です。

2012-06-05-Tue-09:27

【 】 窯出し

先月の窯出しの結果ですが、窯焚き中からの予想どうりいまいちでした。

赤土の選択も今回の窯焚き的には失敗でした。手掘りの原土テストは温度がそんなにあがってないにもかかわらず、ほとんどへしゃげてぺちゃんこになりました。ガス窯でテストした時は大丈夫でしたが薪の炎には勝てなかったようです。

原土は、穴窯では使えませんね。

一方火色とわざわざつくりなおした火前の壺はかなりうまく焼けていました。壺は窯変も完ぺきだったのですが、後ろのへしゃげた赤土壺とくっついてキズ物になってはしまいました。残念ですが結構満足しています。

また、今回の目的であった白土のテストピースも30くらいはありましたが、いくつか使えそうなテストがあるので、次回は種類を4つ位に絞って焼いてみます。

f:id:kokyugama:20120523124653j:image:w360

f:id:kokyugama:20120523144457j:image:w360

へしゃげた茶碗

f:id:kokyugama:20120523144523j:image:w360

火前の壺

f:id:kokyugama:20120523152234j:image:w360

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。