--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-04-27-Sun-21:55

【 薪窯 】 いってこい窯の窯焚き

桜も散ってしまい、もうゴールデンウイークですね。
消費税が上がってガソリンがまたぐんと値上がりしました。田舎に住んでいると交通手段は、ガソリンを消費する乗り物が主なのでほんと大変です。
自分の窯の薪作りの合間に、隣の篠山市在住の陶芸家さんの窯焚きに行ってきました。窯はいってこい式の角窯です。作品は、釉薬物メインで2日ほどですが夜から昼にかけての手伝いです。
いってこい式の窯は、薪は薪でも構造は穴窯とは随分違います。登り窯の「間焚き」にも近いような気がしました。窯は屋内にあったので、それほど温度が上がっていないのにサウナ状態でした。窯焚きや薪割りの手伝いをこなして帰ってきましたが、薪窯の熱にジリジリ焼かれる感じは結構心地よいものです。いい汗をかきました。
いってこい窯を焚いたのは初めてだったので経験にもなりました、ただ窯がカラの状態は見てないので、次回はカラの時に構造を見せてもらいたいと思います。
行ってこい1_convert_20140427212641
行ってこい3_convert_20140427212721
窯焚き口は燃焼室の地下部分にあたる場所にあります。
掘り込まれている上にすぐ後ろは壁なので、どえらく暑いです(汗)
スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。