--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-02-27-Sun-10:03

【 】 薪の規格

ようやく暖かい日もあったりしています。しかし、花粉が飛んで大変です。

花粉症ではないはずですがあまりにも花粉飛散量が多いのか、時々1日中鼻水が止まりません。

薪つくりも粛々とすすめています。

f:id:kokyugama:20110226112534j:image

f:id:kokyugama:20110226112719j:image

写真上の右が信楽規格の1束、左は古汲窯規格。

写真下の右が信楽規格の1束、左は丹波薪の規格。

信楽の規格は長さ約43センチ、丹波は49センチほどです。古汲窯の規格も信楽にあわせてあります。今まで丹波規格でしたので少し短くなりました。

薪の規格の大きさまったく違いますね。

次は薪の横から写真。

f:id:kokyugama:20110226113000j:image

左から古汲窯規格、真ん中丹波規格、右信楽規格

信楽と丹波ではまったく束の大きさが違いますね、この違いも焼成に影響していると思います。

信楽式の穴窯ですので、古汲窯も信楽の規格に合わせてみました。

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。