--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-12-07-Mon-22:47

【 古汲窯 】 工房作っています

創作活動をするための工房を作っています。
古汲窯の新拠点では、母屋の他に離れ1棟、倉庫1棟、土蔵1棟があり、それぞれ順番にセルフリフォームをかけて行く予定にしています。
まずは工房となる作業場作り、旧倉庫を改築中です。
工房1_convert_20151207223158
これが旧倉庫・時が止まっています
土壁を撤去して1部屋にして、抜け落ちた床を片付け、轆轤場用にコンクリを打設し作業台を作り、西脇より愛用の轆轤を持ってきて設置しました。
工房2_convert_20151207223243
更にヤフオクで買い集めた木製ガラス戸をはめてようやく工房らしくなってきました。
こうぼう3_convert_20151207223306
あとは窯ですが、週末助っ人を頼んで軽トラで運ぶ予定です。作陶はもうはじめます。今年の冬は暖かくて良かったです。

2014-08-03-Sun-19:16

【 古汲窯 】 もうすぐ陶器まつり

8月になりました。8月上旬の恒例行事といえば、京都五条坂の陶器まつりですね。
もう10年くらいになりますかね。1年で一番暑いこの時期に1日中露天営業をするという、ほとんど修行です。
去年テント部材を新調しましたので展示台とセパレートしてみたのですが、イマイチだったので今年はまたテント・展示台を一体化すべくマイナーチェンジしています。
陶器まつり2014準備_convert_20140803185341
工房内にテント仮組み中

陶器まつりの出店場所ですが、五条通り南側・京阪電鉄五条駅から東へ1つ目の交差点付近です。後ろは大きな立体駐車場になっています。8月7・8・9・10日、朝9時より夜10時まで出勤しています。
2014-03-21-Fri-18:16

【 古汲窯 】 ようやく玉切り作業

もうすぐ4月ですね、春近し。鶯が鳴いて梅が咲き始めています。
崩壊した穴窯小屋の屋根と窯はそのままにしておいて、薪を作る作業にかかりました。暖かくなる前に作り終えて乾燥させないと秋に使えませんから。小屋の再建はそれからです。
原木1_convert_20140321175156
ハスクチェーンソー_convert_20140321175012
この原木の山を玉切りしていきます。写真はハスクバーナ製チェーンソー相棒です。久しぶりですが機嫌よく動いてくれています。
今回から薪の規格サイズを変えました。長さを43センチから39センチに変更して、信楽の規格とほとんど同じにしました。たかが4センチですが、かなり短くなった印象です。薪輪の数が増えるので割の作業量が増えますね、憂鬱。
2013-12-24-Tue-10:09

【 古汲窯 】 先月の展示会

今年もあとわずかとなってしまいました。
工房の山里はますます寒くなって、土も水も夜は凍りまくっています。ろくろも作業場と手鉢を温めてからでないと始められません。なんともまどろっこしい季節です。

先月の展示会ではたくさんの方に見に来ていただいて、誠にありがとうございました。
005_convert_20131224095303.jpg
004_convert_20131224095407.jpg
001_convert_20131224095337.jpg

2013-05-26-Sun-18:54

【 古汲窯 】 車が・・・・。

最近はぐっと気温も上がり、雑草が一気に生い茂り始めています。
穴窯も雑草に埋もれ始めました。
ゴールデンウィークが明けて、車のエンジン冷却水温がたびたび上がるようになり、予備タンクの冷却水もすぐになくなるという不吉な現象が起きたので修理屋さん入りとなってしまいました。
やはり冷却ホースの破損ということで修理に2週間。ようやく返ってきましたがなんかびくびくしながら乗っています。古い車なので消耗部品の故障は仕方がないことなのですが・・・。
次回穴窯の準備をようやく始めました。
湯呑み新デザイン
花器新デザイン
まずは湯呑・花器の新デザインから
穴窯壺挽き1
毎度大壷も挽ました
今回は白蛙目土をメインにして、前回試した新しい土の中から使えそうな2種類で、テストピースではなく作品を焼いてみます。今まで使っていた最後の在庫土と新しい土は半々くらいでいきます。
RREVHOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。